【不動産ニュース】ヒノキヤグループ 今年の募集テーマは「やわらかい木造の住まい」 「第5回学生住宅デザインコンテスト」募集開始
2019年6月27日 18時54分
no image
 毎日新聞社が主催し、㈱ヒノキヤグループが共催する「第5回学生住宅デザインコンテスト」の作品募集が開始され、「第5回学生住宅デザインコンテストWebサイト」(http://www.mainichi-j-contest.jp)が公開されました。  毎日新聞社の主催、国土交通省、林野庁の後援で、建築界の未来を担う人材の育成・支援を目的に、学生の皆さんから住宅設計のデザインを募集するコンテスト。審査員長は建築家の手塚 貴晴氏、審査員は建築家の粕谷 淳司氏と青山学院大学教授の黒石 いずみ氏と毎日新聞社から1名、ヒノキヤグループから1名で行われる。 ■審査員長・手塚貴晴氏・プロフィール 1964年生まれ。米国ペンシルバニア大大学院修了。94年、手塚由比氏と建築設計事務所を共同設立。代表作に「ふじようちえん」、「空の森クリニック」など。日本建築学会賞(作品)、モリヤマRAIC(カナダ王立建築家協会)国際賞など受賞多数。東京都市大教授。 ■コンテスト概要 ・テーマ  :「やわらかい木造の住まい」 ・応募資格 :日本国内の専門学校・短期大学、大学・大学院に在籍する学生であること。個人・グループを問いません。複数点の応募も可能です※高等専門学校(4・5年生)も含む。 ・設計条件 :テーマに沿った、延床20坪(約66㎡)以上の住宅を設計してください。※規定以外の条件に関しては応募者が自由に設定してください。 ・構造   :木造 ・審査基準 :「テーマ」「独自性」「実現可能性」「環境配慮」を考慮し、総合的に判断します。ただしHINOKIYA賞は、ヒノキヤグループの審査員が選出し、商品化を検討する場合もあります。 ・締め切り :2019年9月2日(月)必着 ■公式サイト 第5回コンテストの詳細、応募要項、過去の受賞作品についてはこちらをご確認ください。 http://www.mainichi-j-contest.jp http://www.mainichi-j-contest.jp