【不動産ニュース】相互物産 日本初の「ハイアットプレイス」、7月開業|R.E.port
2019年6月28日 09時27分
no image
 相互物産(株)は、ホテル事業参入の初弾として、ハイアット ホテルズ アンド リゾーツと開発を進めていた日本初の「ハイアット プレイス」ブランドとなる「ハイアット プレイス 東京ベイ」(千葉県浦安市、総客室数363室)を7月1日に開業する。  「ハイアット プレイス」は、時代に左右されない、時代を超越するホテルを意味する「タイムレス」がコンセプト。モダンでハイセンスなアーバンリゾートとして、忙しい日々の中で仕事と遊び、オンとオフをシームレスに楽しみたい大人のための空間を演出する。  JR「新浦安」駅からバスで15分のベイエリアに立地し、東京ディズニーリゾートへもシャトルバスで20分。敷地面積約1万240平方メートル、地上10階地下1階建て、延床面積約2万1,000平方メートル。  客室はスタイリッシュなインテリアを設置し、使いやすさを追求した。プレイス ツイン・キング(28平方メートル)、最大4人定員のファミリールーム(37平方メートル)のほか、チェアマンスイート(161平方メートル)等3つのスイートを用意。東京湾に至近する立地を生かし、7階以上の客室のうち11室には、プライベートテラスを設けた。宿泊料金は、ファミリールームで1万8,000円~7万円程度。  共用部として、24時間営業の「ギャラリーキッチン」や、東京湾を一望する「ルーフトップバー」、「すし 絵馬」などのレストラン・バーを備えた。  スタッフユニフォームのデザインをコシノジュンコ氏が担当。エントランスの絵画や客室のアートピースも、「海と自然のコントラスト(対極)」のコンセプトのもと、コシノ氏が描いた。  メディア向け内覧会で挨拶した相互物産代表取締役社長の小澤真也氏は、「同ホテルは、ホテル開発事業への初進出プロジェクト。初めてのことだらけだが、土地取得から4年間、準備にベストを尽くしてきた。設立55周年を迎える当社のターニングポイントとなるよう、東京ディズニーリゾートなどを訪れる観光客はもちろん、都心から30分程度の好立地を生かし、年代問わず誰もがリフレッシュできるアーバンリゾートとしていきたい」などと抱負を述べた。 https://www.re-port.net/article/news/0000059437