【不動産ニュース】明和地所、武蔵小杉でコンパクトマンション|R.E.port
2019年6月28日 09時29分
no image
 明和地所(株)は28日、新築分譲マンション「クリオ ラヴェルヴィ 武蔵小杉カルム」(川崎市中原区、総戸数42戸)を発売する。  東急東横線・目黒線「武蔵小杉」駅より徒歩8分。敷地面積は775.89平方メートル。建物は鉄筋コンクリート造地上5階建て、専有面積は30.60~48.87平方メートル。間取りは1LDKと2LDKの8タイプを用意した。1期販売は6戸。販売価格は3,798万~6,296万円。  商業施設や病院等が充実したエリアから商店街を抜けた第一種中高層住居専用地域に建築する。住居系地区でのコンパクトマンションは中原区で初。内廊下設計や全住戸の開口部と玄関に設置した防犯センサーなどセキュリティに配慮したほか、スマートフォンで遠隔操作できる風呂給湯システムや、ワークスペースを確保する縦型コンロなど、利便性も高めた。  竣工は2020年7月下旬の予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000059438