【不動産ニュース】東急不 初の単独開発となる物流施設を竣工|R.E.port
2019年7月1日 09時42分
no image
 東急不動産(株)は2017年に立ち上げた同社物流ブランド「LOGI'Q」の初案件となる「LOGI’Q枚方」(大阪府枚方市)を竣工。7月より紙、フィルム、消耗材の専門商社であるオザックス(株)が入居する。  第二京阪高速道路「交野南IC」から0.5km、「交野北IC」から3.5kmに位置。周辺には住宅街や大学等が複数あり、交通利便性や労働力確保において優位性が高い立地となる。  敷地面積約6,077平方メートル、鉄骨造4階建て、延床面積約1万2,249平方メートル。小型風力発電機付電灯や太陽光発電の導入、館内照明設備のLED化により、省エネルギーで環境に配慮。外観はアースカラーを基調とし、エントランスの周りにはシンボルツリーを設置、緑豊かな周辺環境と調和するデザインとした。また、防災倉庫やかまどベンチ、浄化槽を利用した災害用マンホールトイレを設置し、非常時の防災拠点としての機能も備える。  今後の、「LOGI’Q」ブランドの展開は、2019年10月に「LOGI’Q白岡」(埼玉県白岡市)、同11月に「LOGI’Q習志野」(千葉県習志野市)、20年1月に「LOGI’Q三芳」(埼玉県入間郡)を竣工する予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000059444