【不動産ニュース】JR東 駅中オフィス事業を本格展開|R.E.port
2019年7月4日 09時29分
no image
 東日本旅客鉄道(株)は3日、駅ナカシェアオフィス事業「STATION WORK」を本格始動すると発表。初弾の取り組みとして、かねてから実証実験をしてきたブース型シェアオフィス「STATION BOOTH」を、8月1日より本格展開する。  同社は社会課題となっている働き方改革のサポート等を目的に、駅ナカシェアオフィス事業の展開を計画。2018年11月28日より、「STATION BOOTH」を「東京」駅、「新宿」駅、「品川」駅の駅構内に設置し、実証実験を実施してきた。実験結果を踏まえ、設置駅を東京、新宿、池袋、立川に拡大し、計20台を設置。今後も首都圏を中心に拠点を増やしていく。  「STATION BOOTH」は、デスク、椅子、照明、Wi-Fi、電源・USBコンセント、空調、モニターを設置したブース型オフィス。1人用(幅1.2m、奥行1.2m、高さ2.3m)と2人用(幅2.4m、奥行1.2m、高さ2.3m)の2タイプを用意する。利用料金は1人用が15分250円(税抜き)、2人用が15分300円(税抜き)を予定する。  なお、秋には「東京」駅丸の内地下改札外に、コワーキング型「STATION DESK」も開業する予定。多様な席タイプを用意し、さまざまなシーンに合わせて活用できるようにする。利用料金は、1人15分250円(税抜き)の予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000059496