【不動産ニュース】リース 賃貸向け与信サービス「smeta」がフリーランス特化型の賃貸仲介事業「smeta賃貸」を開始
2019年7月5日 10時30分
no image
リース株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:中道康徳)は、賃貸向け与信サービス「smeta *1」のターゲット層であるフリーランス*2 に特化した賃貸仲介事業「smeta賃貸」を、2019年7月4日より開始します。 フリーランサー*3 の増加や、ベンチャー企業の隆盛など、昨今、日本国内で起こっている働き方の多様化を背景に、同社は2019年4月2日より、賃貸向け与信サービス「smeta」の提供を開始しました。「smeta」では、日本の家賃債務保証会社と連携することで、転居希望者が賃貸住宅を探す前に、信用に応じた借りられる賃料額の証明取得を可能にします。これにより、従来、社会的信用面において敬遠されていた層へ、正規雇用者同様の選択肢が与えられ、選択の自由度向上と引越しの流動性の改善に貢献いたしました。 この度開始する「smeta賃貸」は、フリーランサーや起業家の転居活動をより包括的にサポートします。 特に、従来の賃貸仲介では困難だった 入居審査過程を、「smeta」の与信獲得支援を通じて審査通過率の大幅な改善を実現しました。加えて、賃貸住宅のご紹介から契約までワンストップでサービス提供することで、賃貸契約完了までがより容易になります。 リース株式会社は、不動産の円滑な流通を支援するため、信頼で人を繋げるプラットフォームの開発を通じて、不動産市場や消費者信用市場の成長や発展に寄与いたします。 *1 smeta:スメタ *2 フリーランス:特定の企業や団体等に専従せず、自らの技能を提供する個人事業主または個人企業法人 *3 フリーランサー:遂行する本人 <リース株式会社の概要> 2018年9月に設立。賃貸向け与信サービス「smeta」の開発・運営や、AIをもちいた与信評価エンジンの企画・開発を展開してる RealEstate Tech & Fin tech のスタートアップです。不動産市場を足掛かりに新たな消費者信用情報基盤の構築と、将来の情報銀行立ち上げに先駆け、「smeta」を自社開発し、独自のポジションを築いております。 <本件に関するお問合せ> リース株式会社 E-mail:info@rease.co.jp smeta URL:https://app.smeta.jp smeta 賃貸 URL:https://rent.smeta.jp Corporate URL:https://rease.co.jp https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000042693.html