【不動産ニュース】岡山の複合商業施設にマルチ決済端末導入|R.E.port
2019年7月5日 09時08分
no image
 大和ハウスグループの(株)ロイヤルゲートは、大和リース(株)が開発し、6月にオープンした複合商業施設「ブランチ岡山北長瀬」(岡山市北区)に、決済端末「PAYGATE Station(ペイゲートステーション)」を導入した。  同物件では、物品販売や飲食業などの店舗を対象にキャッシュレス化を進めており、今回の導入はその一環。  オールインワンマルチ決済端末「PAYGATE Station」は、ロイヤルゲートが開発した、磁気クレジットカード、接触ICクレジットカード、タッチ決済(NFC)など多様な決済手法に対応している。  今後も大和ハウスグループとして、商業施設内での業務効率化、インバウンド対策に向けて同端末の導入積極的に推進、キャッシュレス社会の実現に貢献していく考え。 https://www.re-port.net/article/news/0000059508