【不動産ニュース】価値住宅 「壊すリノベ」から「活かすリノベ」へ定額リノベーション「リノベOne™️」運用開始
2019年7月5日 12時30分
no image
〜既存住宅流通拡大に伴う「リフォーム・リノベーション」を「物件探し」から ワンストップで行う「定額リノベーション」を提供〜 インスペクションや瑕疵保険を中心とした、付加価値仲介による安心・安全な既存住宅流通を推進するVC(ボランタリーチェーン)「売却の窓口®」( http://www.baikyaku-mado.com 運営会社:価値住宅株式会社 本社:東京都渋谷区、代表取締役:高橋 正典)は、全国50を超える加盟店が同ネットワークのノウハウにより獲得する「媒介物件」の増加に伴い求められる、ワンストップでのリフォーム・リノベーションニーズに応えるため、中古住宅の売買からリフォーム・リノベーションを一つのストーリーにする「Oneストップ」、消費者の価格への不安を明瞭にした「Oneプライス」を提供することで真の「オンリーOne」を実現いたします。 ■「中古住宅+リフォーム・リノベーション」市場の現状  リノベーションという言葉の認知度向上が、中古住宅市場の活性化を促進し、現在では「家に暮らし方を合わせる」時代から「暮らしに家を合わせる」時代へとニーズが変化してきました。しかし、そうした背景に伴い中古住宅という選択肢が見直された結果、物件価格が上昇。中古住宅選択の優位性の一つである「価格が安い」というメリットが少なくなってきました。  また、リノベーションを提供するサービス事業者においてはマンションで800万円以上、戸建においては1,000万円以上の価格帯の商品が多く、一部の根強い需要に対応するマーケットとなっています。  特に、不動産取引においては昨今の中古住宅価格の高騰から、多額のリノベーション費用を確保しながらの物件探しは困難を極め、場合によってはリノベーションを優先するあまり、リセールの難しい条件の悪い物件を選定せざるを得ないという弊害も生まれています。 ■高額リノベーションの課題  インフィルの償却期間を15年と想定する場合、物件購入から15年後に売却する際には、その価値が価格に反映されることは少なく、元々の築年数からの経過年数をベースにした取引事例比較による再販売価格となります。したがって、高額リノベーション物件がリセール段階において価格的優位性を発揮することは難しく、逆にカスタマイズし過ぎた汎用性の低い間取りが再販売上ネックになる可能性が考えられ、リセールについては触れることなくリノベーションが実施されている場合が多く見受けられます。  2018年レインズ統計によると、 首都圏中古マンション築16年〜20年の1㎡あたりの成約単価は527,700円。そこから15年経過後の築31年以上の同単価は 317,000円と、新築時から15年目にかけての価格下落曲線に比較して緩やかとされる築20年以降でありながらも、その下落は15年で約40%となり、簡易計算ではあるがリセール価格は購入代金の約60%となります。 仮に、購入予算3,000万円を①物件価格2,200万円+リノベーション800万円、とした場合と②物件価格2,600万円+リノベーション400万円とした場合の15年後の売却時シミュレーションは以下のようになります。 <共通条件>3,000万円借入 30年返済 金利0.8% 15年後借入残高・・・約1,540万円 ①物件購入価格2,200万円×60%=約1,320万円(残債を下回る) ②物件購入価格2,600万円×60%=約1,560万円 上記のような実態も総合的に判断した上でのリノベーション提案が必要であると考えられます。 当サービスにおいては、将来的なリセールも考慮したより現場目線でのリノベーションの実施を支援することを目的としております。 ■リノベOne™️サービス概要 当社設計積算原則に基づき、以下の工事が含まれます。 1.キッチン・ユニットバス・トイレ・洗面台・洗濯パン等水廻り設備交換 2.全室クロス張替え  3.フローリング工事  4.内部建具新規交換 5.畳・襖等張替え。 <価格> マンション・・7万円/㎡  戸建・・・6万円/㎡ (各税別) *対象下限㎡有。下回る場合は別途追加有 <DESIGN STYLE 4種別> リノベーションイメージを膨らませるために、4種別のデザインスタイルをご提案。その他、100種類を超える部材から自由自在なセレクトが可能です。 1.落ち着いた色調のRESIDENCIOUS 2.個性的なハード素材のINDUSTRIAL 3.北欧風テイストのNORTH FOROST 4.木目調自然体のNATURAL CONSCIOUS <VRプラン作成による事前イメージ提案> リフォーム前に、リフォーム後のイメージをVRプランで作成し提供。リアリティのある映像によるリフォームへのワクワクを提供すると共に、仕上げ後の事前イメージとの齟齬を防ぎます。 ■実施するリノベーション等施工会社について 現在、首都圏及び九州圏、関西圏においては提携施工店網を構築しており、今後更にその質と地域の拡充を計ります。 ■今後の展開について 当社の運営している「売却の窓口®︎」加盟店への提供を開始すると共に、独自に「リノベOneネットワーク」の募集を開始いたします。 ・「リノベOne™️」サイト https://renove-one.jp ・「売却の窓口®︎」サイト https://baikyaku-mado.com ・価値住宅株式会社コーポレートサイト https://kachi-jyutaku.co.jp ■本件に関するお問い合わせ先 社名:価値住宅株式会社   担当:山本 住所:東京都渋谷区代々木3丁目28番6号いちご西参道ビル2階 電話:03-3375-1250 FAX:03-3375-1260 mail:info@kachi-jyutaku.co.jp https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000017114.html