【不動産ニュース】サムティ19年11月期2Q 不動産事業は増収|R.E.port
2019年7月8日 09時09分
no image
 サムティ(株)は3日、2019年11月期第2四半期決算(連結)を発表した。  当期(18年12月1日~19年5月31日)は、売上高478億2,700万円(前年同期比3.3%増)、営業利益139億4,100万円(同53.0%増)、経常利益128億300万円(同61.9%増)、当期純利益90億4,400万円(同59.9%増)。  主力の不動産事業は、自社ブランド「S-RESIDENCE」シリーズ等の企画開発・販売および収益不動産等の再生・販売を実施。「S-RESIDENCE」シリーズ10棟、その他収益マンションを8棟、ホテル、商業施設等を売却した。売上高は427億2,400万円(同2.1%増)、営業利益148億4,500万円(同54.5%増)を計上した。  賃貸事業では、収益拡大に向けマンション、オフィスビル等19棟を取得。売上高32億300万円(同11.4%減)、営業利益11億7,400万円(同12.2%増)となった。  通期では、売上高860億円、営業利益160億円、経常利益135億円、当期純利益95億円を見込む。 https://www.re-port.net/article/news/0000059513