【不動産ニュース】三井不 羽田に複合用途の新たな物流施設|R.E.port
2019年7月8日 09時35分
no image
 三井不動産(株)は、物流機能を含む複合用途施設「三井不動産インダストリアルパーク羽田(MFIP羽田)」(東京都大田区)を竣工。5日にマスコミ向け内覧会を実施した。  京浜急行空港線「穴守稲荷」駅徒歩7分、東京モノレール「天空橋」駅徒歩9分、首都高速1号羽田線「羽田」ICから約0.6kmに位置。敷地面積3万6,213平方メートル、延床面積8万1,030平方メートル、鉄骨造地上5階建て。総貸付面積約2万1,000坪。  産業のまち大田区、羽田空港至近という立地を生かし、物流用途以外に、産業発信拠点という位置付けでデータセンターやラボとしても使える施設として開発した。すでに100%入居企業が決まっており、核テナントの(株)近鉄ロジスティクス・システムズほか、1・2階には大田区の産業支援施設が入居。そのほか設計事務所の本社オフィス、メーカーの従業員向け研修所などさまざまな用途で利用される予定。  建物外装デザインに伝統的な日本の織物の文様を取り入れ、エントランスは御影石を用いてスタイリッシュな空間を演出。施設最上階には共用施設として空港を一望できるラウンジを用意し、24時間営業の無人売店も設置した。72時間対応の非常用発電機や、免震装置、水害対策など、BCP機能も充実させている。  まちづくり型施設として、施設の外周には、桜をはじめとする豊かな植栽を配置し、快適な歩行者空間を実現。かまどベンチやマンホールトイレも配備し、地域防災にも配慮した。開発に伴い、地域住民の憩いの場ともなるスペースとして既存のあさひ海老取川公園も拡張整備している。  同社常務執行役員ロジスティクス本部長の三木孝行氏は「物流施設としてなかなか得られない貴重な立地を生かし、新たなことに挑戦して後世に残る施設をつくりたいという思いで開発した。手ごたえは十分感じており、MFIPとしてさまざまな物件の可能性が見えてきた。海外も含め立地、条件が揃えば今後もトライしていきたい」などと抱負を述べた。  なお同施設の竣工により、同社のロジスティクス事業として開発・運営する施設は、稼働施設が20棟、開発中施設が13棟の計33棟。以後も引き続き年間4棟程度を目途に事業を推進していく。 https://www.re-port.net/article/news/0000059519