【不動産ニュース】ターミナル 「賃貸名人プラス」と「スマサテ」がサービス連携を発表。賃料査定機能を標準搭載。
2019年7月8日 11時30分
no image
株式会社ターミナル(本社:東京都目黒区、代表取締役:山岸 延好、以下「ターミナル」)は、不動産賃貸管理ソフト業界最大手の株式会社ダンゴネット(本社:東京都国分寺市、代表取締役:松川竜也、以下「ダンゴネット」)と業務提携し、ターミナルが提供すAI賃料査定システム「スマサテ」と、ダンゴネットが提供する不動産賃貸管理における基幹業務システム「賃貸名人」の新バージョンの「賃貸名人プラス」との連携に向けた準備を開始いたしました。 不動産賃料査定の根拠が求められる時代に 2019年3月に金融庁が行う「投資用不動産向け融資に関するアンケート調査結果」では投資用不動産の不正融資の問題などもあり、投資用不動産向け融資を積極的に推進する金融機関は減少し、消極的な態度を取る金融機関が増加しているとされています。また、返済原資である賃料収入のキャッシュフローを正確に考慮し、融資を行っていく必要があるとされています。不動産投資を行う会社は不動産の賃料査定額において、今まで以上に根拠となる資料を提出していくことが求められます。 「賃貸名人プラス」と「スマサテ」が連携を行うことで、高精度なAI賃料査定と根拠のあるレポートを現在の業務フローの中でスムーズにご利用いただくことが可能となります。 「賃貸名人プラス」ユーザーの賃貸管理業務のさらなる効率化へ 現在の「賃貸名人」では ・入退去管理 ・オーナーへの収支報告 ・契約書等の帳票作成 などの管理業務の多くを網羅し、約5,000社以上の不動産管理会社の管理業務の効率化に大きく寄与してきました。 今回、アナログで手間のかかっている賃料査定の業務負荷を減らすことを目的とし、「スマサテ」と連携を行うことで賃料査定業務に関しても効率化を可能とし、ユーザーはさらに利便性が向上します。 「賃貸名人プラス」メインメニュー内に無料で利用可能な賃料査定機能が標準搭載 「賃貸名人プラス」メインメニュー内に賃料査定機能を新設し、「スマサテ」とシームレスな連携を行うことでストレスなく利用が可能です。加えて「賃貸名人プラス」ユーザーは月5件まで無料で査定機能を利用することができるため費用負担なく査定機能を標準機能の一部としてご利用いただけます。 また、将来的には「賃貸名人プラス」に登録された物件情報に関しても連携を行う予定です。 自社物件の連携をおこなうことで、登録された自社物件の査定を簡単に行うことが可能となります。 「賃貸名人プラス」ユーザー限定!一か月間無料にて回数無制限で賃料査定が可能に 「賃貸名⼈」のユーザーは新バージョンの「賃貸名⼈プラス」へ移⾏後の⼀か⽉間、査定機能の利用を無料で回数無制限にてご利用いただくことが可能です。 ■「賃貸名人」について 賃貸名人は、不動産管理会社、仲介会社、オーナーが利用する賃貸管理業務ソフトです。日本全国 5,000社超えの圧倒的な導入実績とサポート体制で、賃貸管理業務を効率化できます。 ■「スマサテ」について スマサテは不動産管理会社向けに開発されたAI賃料査定システムです。 AI賃料査定の精度の指標となるMER(誤差率中央値)は2.46と高い水準を誇り、利用社数は200社を超えています。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000017292.html