【不動産ニュース】キープ・ウィルダイニング 東京都認定のコワーキング&シェアオフィス「BUSO AGORA」町田にOPEN!
2019年7月10日 12時00分
no image
株式会社キープ・ウィルダイニングが”夢が加速する”というコンセプトのもと、2019年8月1日 東京都町田市にコワーキング&シェアオフィス「BUSO AGORA」をOPENします。約520平米(157坪)の広々としたワーキングスペースは町田市最大級。 「BUSO AGORA」は”夢が加速する”というコンセプトのもと、2019年8月1日 東京都町田市にOPENするコワーキング&シェアオフィスです。約520平米(157坪)の広々としたワーキング スペースが町田駅から徒歩3分の場所にOPENいたします。 長期契約利用や1日利用もOK。個人ブースや会議室など様々なシーンに対応出来るフレキシブルな空間設備。プロジェクター・スピーカーも完備されており、スタートアップ向けのイベントや地域の企業や専門との交流イベントを行います。さらには長期契約の方のみ、キープ・ウィルダイニングの店舗利用割引など、飲食企業ならではのサービスもございます。 また、インキュベーション マネージャー(事業アドバイスを行う専門家)が在籍しており、起業する方の相談・サポー トなどを行います。事業内容や相談内容によって、地域の専門家をコーディネートしていきます。 エントランス エレベーターが開くと、自然光がたっぷり入る大きな窓とガラス張りが特徴の明るいオフィス。左手にはカウンターバーがあり、美味しいコーヒーを飲みながら気軽に事業相談ができます。 共有スペース 約155平米(47坪)の広々とした共有スペースは、ちょっとした打ち合わせがすぐにできるような設計で、カフェとワークスペースを融合させた空間になっています。こちらでは、起業家向けのイベントや交流イベントが開催されます。 個人ブース お一人様利用、1日利用も可能。作業に没頭できる個人ブースもございます。カフェで作業する方によって快適なWifi環境がない、電源がない、などの問題を解消。学生の方も大歓迎。学生証提示で一般利用価格よりリーズナブルにご利用いただけます。 個室 2名~4名の個室ブースがメインとなり、最大20名までの個室使用が可能。広々としたデスクと間取りで快適に業務が行えます。正面壁はホワイトボードウォールになっており、社内の会議をもっとクリエイティブに。 創業の想い 株式会社キープ・ウィルダイニングは、武相エリア(町田市、相模原、海老名、厚木、大和、綾瀬、座間、 愛川、清川)を中心に35店舗の飲食店事業を行っています。キープ・ウィルダイニング設立のきっかけとなった東林間の一軒の焼き鳥屋の開業。代表取締役社長 保志 真人は、焼き鳥屋を開業する過程で、資金、社会的信用などの面で苦難の連続でした。その経験から「町田で何か始めたい人」「もっと発展させたい人」のための場所を作りたいという想いから、「BUSO AGORA」誕生に至りました。 「BUSO AGORA」が町田にできることで、町田を「自分らしく生きたい人」たちが集まる街へ。そんな想いを持って「BUSO AGORA」をOPENします。 「BUSO AGORA」ネーミングの背景 古代ギリシャ社会で政治、経済にまたがる生活の中心をなした「広場」。もともとは市民の「集会」の意味。 武相エリアの中心広場となり、この場所からたくさんのものが生まれていきますように。 BUSO『武相』とは、武蔵の国と相模の国の国境にあるエリアを指し、このAGORAから、このエリアをブランディングし、地域活性化していきたいという想いを込めて命名致しました。 東京都インキュベーション施設とは 東京都が、都内開業率のさらなる向上を図るため、民間事業者等による創業支援(インキュベーション)施設の事業計画のうち一定の基準を満たしたものを認定する「インキュベーション施設運営計画認定事業」があり、2018年11月に東京都から認定を受けました。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000024845.html