【不動産ニュース】EnergyColoring 「自宅・店舗・オフィス・賃貸住宅向けIoTサービス カオスマップ」を公開
2019年7月17日 11時00分
no image
スマホでビルの消費電力の用途別内訳を見える化するIoTツール「エナジーカラリング」を運営する株式会社EnergyColoring(本社:東京都府中市)は、「自宅・店舗・オフィス・賃貸住宅向けIoTサービスのカオスマップ」を公開しました。 フルサイズのPDFファイルを、下記弊社サイト内プレスリリースに掲載いたしております。アカウント登録不要で無料ダウンロード可能です。あわせてご活用いただければ幸いでございます。 【フルサイズPDFのダウンロード】 https://www.energy-coloring.com/20190717.html 本カオスマップの作成にあたり、インターネット・チラシ・展示会で入手可能な情報をもとに作成しております。情報の訂正、掲載・不掲載などのお問い合わせは、大変お手数ではございますが、下記カオスマップ上の問い合わせ先よりご連絡いただければと存じます。速やかに対応させていただきます。 「自宅・店舗・オフィス・賃貸住宅向けIoTサービス カオスマップ」に関して 本カオスマップでは、自宅・店舗・オフィス・賃貸住宅のスマート化にかかわるサービスを、IoTという切り口で網羅的に調査いたしました。主なトピックは以下です。株式会社EnergyColoringは今後もIoTサービスを継続的に調査いたします。 ○自宅分野におけるトピック ・特に、所有者の投資で実現できる持ち家にかかわるIoTサービスが多い。 ・今回の調査範囲においては大きく5つのサービスに分類される。 ・利便性向上の追求:家電リモコンによるエアコン・電灯・家電制御 ・安心の実現: 独居高齢者の見守り、不在時のペット見守り ・安全の担保: スマートキー、ネットワーク防犯カメラ、電動シャッター ・最適化による省エネ:太陽光発電制御、給湯器制御 ・システム間連携: HEMS連携、スマートスピーカー ○店舗・オフィス分野におけるトピック ・店舗やコワーキングスペースにおいて、“カギによる所有物認証”ではなく、“スマートフォンよるアクセス許可”が普及している。 ・データ測定を入り口とした現実世界とデジタルの融合が進んでいる。 ・重量センシングに発注を組み合わせた在庫管理代行サービス ・ビデオ映像による客層分析を用いたマーケティング支援サービス ・電力データによる店舗オペレーション分析サービス ・電気代削減によるコスト圧縮サービス ・ロボットを用いたコンシェルジュサービス ○賃貸住宅分野におけるトピック ・プロパティマネージメントの効率化が進んでいる。 ・オーナー、管理者、居住者の用途別プラットフォーム ・スマートロックによる内見の効率化サービス ・共用部の電気代などコスト圧縮サービス 株式会社EnergyColoringの考える社会課題 株式会社EnergyColoringは、商工業分野における電力エネルギーの効率的な利用を促進し、持続可能な循環型社会の実現に貢献します。 日本は現在世界第5位のエネルギー消費国であり、その大部分を他国からの化石資源に頼っています。国際情勢に影響を受けないよう、資源に乏しい我が国では様々な省エネ施策が行われてきました。しかし、2011年の東日本大震災後にすべての原子力発電所が停止した影響もあり、化石燃料への依存度は未だ高いままとなっています。このような状況において、エネルギーの効率的な利用というのはより重要度を増してきています。また国際的に見ても、化石燃料の使用による温室効果ガスの排出量を削減するため、省エネの取り組みは活発に議論されています。 我々は、国内消費電力の中でも、その大部分(70%)を占める商工業分野での電力利用効率に着目しています。経済性の観点が重視される商工業分野では、設備投資にかかわる初期投資やその後の回収の不透明さから、省電力施策が浸透しきっているとは言い難い状況です。くわえて装置・設備は画一的ではなく、エネ施策の策定および省エネ効果の算定には、省エネコンサルタント、中小企業診断士、エネルギー管理士、エコアクション21審査員などの専門人材による個別診断や個別評価が必要不可欠になっており、診断業務に伴う業務負担も無視できません。しかしながら、商工業分野における省エネは、仮に電力使用量を1%削減すると液化天然ガスにしてLNGタンカー50台分もの化石燃料使用を削減することができる、大きなポテンシャルを秘めています。我々は、商工業分野の省エネ実現を阻むこれらの障壁を減らし、電力利用者がメリットを感じつつ、持続可能な循環型社会を実現する一助となりたりたいと考えています。 株式会社EnergyColoringは、「エナジーカラリング」の提供を通して、省エネ推進にかかわる非効率性を解決してまいります。 「エナジーカラリング」の製品概要 「エナジーカラリング」は、スマホをIoTデバイスとして活用してビルの消費電力の用途別内訳を見える化するIoTツールです。 初期費用: なし 提供価格: 1センサあたり月額5万円より 設置個所: キュービクルの電流計(5A線)または分電盤の根本配線 利用開始方法: https://www.energy-coloring.com/start-energycoloring.html オフィスビルへの初回訪問時などにセンサを設置することで、測定された消費電力データが自動的にクラウドに送信・蓄積されます。測定結果をもとに、最短48時間後から用途別電力内訳データの提供が開始されます。測定したデータを現地に取りに行くことなく、省エネ診断書や提案書を作成することができます。 また、複数店舗のオーナー様向けにスマートフォンで個別店舗の電力から見たオペレーションの違いを可視化するサービスも検討しております。用途別電力の可視化を通してオペレーションの違いを可視化し、電気代などのコスト圧縮を支援します。 【会社概要】 会社名: 株式会社 EnergyColoring 所在地: 東京都府中市 URL: https://www.energy-coloring.com 事業内容: スマホを用いた消費電力の用途別内訳の見える化クラウドサービス「エナジーカラリング」の開発・運営 【お問い合わせ先】​ メールでの問い合わせ 株式会社EnergyColoring 営業担当 sales@energy-coloring.com コンタクトフォームからのお問い合わせ https://www.energy-coloring.com/contact.html https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000044463.html