【不動産ニュース】トーセイ 首都圏の大型物流施設のAM・PM業務を受託|R.E.port
2019年7月19日 10時11分
no image
 トーセイ(株)は17日、米国大手投資ファンドのブラックストーンが投資する物流施設のアセットマネジメント業務とプロパティマネジメント業務を受託したと発表した。子会社のトーセイ・アセット・アドバイザーズ(株)(TAA)がAM業務を、トーセイ・リバイバル・インベストメント(株)(TRI)が、PM業務を手掛ける。  受託した物件は、神奈川県や千葉県、栃木県など関東エリアに立地する、総額800億円超の大規模物流施設。TAAにとっては、物流施設の業務を受託するのは初めて。  今回の業務受託により、トーセイグループの「不動産ファンド・コンサルティング事業」におけるアセットマネジメント受託資産残高は7,400億円超となった。このうち物流施設のプロパティマネジメント受託件数は全11棟、延床面積は15万坪超となる。 https://www.re-port.net/article/news/0000059623