【不動産ニュース】富士経済 30年度の住宅設備・建材市場は5兆4,175億円|R.E.port
2019年7月22日 09時13分
no image
 (株)富士経済は、住宅設備・建材の国内市場の調査結果を発表した。水回り関連機器、創エネ・省エネ、Connected Home関連機器といった住宅設備分野46品目、および内外装、断熱、外部建具、ウェルフェア/気候変動対策といった建築部材54品目、計100品目の市場動向をまとめた。  新設住宅着工戸数は、2019年10月に予定される消費増税による駆け込み需要が期待されるが、その影響は軽微にとどまり、20年以降は、新設住宅着工戸数の減少が顕著となるとみられる。その結果、住宅設備・建材ともに市場は縮小に転じると予想。  これらの要因から、30年の住宅設備・建材の国内市場は、5兆4,175億円(17年度比8.9%減)を見込む。  次世代住宅開発のコンセプトとなる「Connected Home関連設備機器」では、24年度以降は新築住宅向け、既築からのリプレース需要により、堅調に市場が拡大するとみられる。30年度は1,916億円(同1.6%減)。「ウェルフェア/気候変動対策」は、高齢者人口の増加と在宅介護、高齢者施設向けの需要が増加していることで、近年堅調に市場が拡大。30年度は1,071億円(同45.3%増)を見込む。 https://www.re-port.net/article/news/0000059636