【不動産ニュース】南海電気鉄道 和歌山で平均約190坪超の宅地分譲|R.E.port
2019年7月22日 09時17分
no image
 南海電気鉄道(株)は20日、開発・分譲を進める「南海橋本林間田園都市 三石台」(和歌山県橋本市)で、新街区「三石台ソラトモリ」(総区画数25区画)をまちびらきする。  同街区は、南海高野線「林間田園都市」駅徒歩圏内。自然豊かな場所にありながら、周辺には商業施設や教育施設が整う。平均敷地面積は、関西最大級の約190坪超。  第1期の販売区画数は2区画(敷地面積約732平方メートル(約221坪)・価格1,341万円と、敷地面積約758平方メートル(約229坪)・価格1,366万円)。販売開始は20日を予定。  現在、モデルハウスとして「D’S STYLE(ディーズスタイル)」((株)中商)を建設しており、展示用住宅として活用後、販売する。敷地面積約849平方メートル(約256坪)、延床面積約91平方メートル。価格は未定。販売開始は10月を予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000059639