【不動産ニュース】ラックベア 不動産に関連する仕事のマッチングアプリ「タテカン」のサービスを発表
2019年7月23日 10時30分
no image
このたび、ラックベア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:熊本貴史)を設立し、不動産オーナーと不動産関連スキルを持つ個人(以下「タテカンさん」)をマッチングするアプリ「タテカン」のサービスを2019年秋に開始いたしますことをお知らせいたします。「タテカン」は、不動産+ITによる社会問題解決も可能なスキルマッチングアプリとなります。 ​「タテカン」アプリサービスサイト:https://tatekan.work <「タテカン」とは?> 不動産に関連する仕事の受発注を業者を介さず、不動産オーナーとタテカンさんの当事者で直接やりとりができるスキルマッチングアプリです。 「タテカン」は、不動産業界においてこれまで「不動産関連業務の依頼」と「業務の引き受け」の際に避けられなかった業者の中間マージン(中抜き)を省いたサービスです。 不動産管理コストの削減に寄与すると同時に、不動産従事者の所得向上、および拘束時間の短縮による労働環境の改善、そして雇用機会の創出という観点から社会への貢献を目指します。 <「タテカン」の使い方・利用シーン> 「タテカン」は、スマートフォンにアプリをダウンロードして利用できます。不動産オーナーは依頼したい業務をアプリで選択し、タテカンさんは仕事の一覧から所持しているスキルに応じ業務を選択することでマッチングが行われます。 「タテカン」ではユーザー全員の本人確認と必要資格の確認を行うため、安心・便利にご利用いただけます。 また、お忙しい方や不動産管理に慣れていらっしゃらない方のために、オプションサービスとして初回時に不動産管理に必要な法定点検項目・必要業務を洗い出し、アプリで依頼可能なタスクを設定する機能の他、適切なタイミングに自動で必要な点検を依頼できるサービスを提供いたします。さらに不動産設備の相談サービスも提供することで、不動産オーナーをサポートいたします。 <「タテカン」サービスを使うメリット> タテカンさんへのメリット ・中間業者を介さず直接オーナーとつながることが出来るため、これまで介在する中間業者の数だけ発生していた中間マージン(中抜き)がなくなり、タテカンさんはより高い報酬額を受け取ることができます。 ・報酬額は固定のため依頼者との報酬交渉なしで業務を受注することができます(一部タスクは除きます)。 ・タテカンさん向けのスキルアップ研修や資格補助制度を利用してスキルを高めることが可能です。技術を高めたいタテカンさんや、タテカンさんを目指している方に向けたキャリアアップの機会を提供いたします。 不動産オーナーの方へのメリット ・中間業者の数だけ発生していた中間マージン(中抜き)がなくなり、業者を介すよりもコストを削減することができます。 ・報酬額は固定のため依頼前に報酬が分かり、依頼をスムーズに行えます(一部タスクは除きます)。 ・「タテカン」によりタテカンさんの本人確認、資格確認および評価制度の管理を行うため、安心して優秀なタテカンさんに依頼することができます。 <「タテカン」サービスへの想い> 「タテカン」のサービスは、建物管理業界で働く人にとって何が求められているのか、どのようなシステムがあれば働く人にとってより良い環境を提供出来るかを第一に考え、創りだされました。建物管理を総合建物管理会社に依頼した場合、一つの依頼に対し複数の関係者が介在することになるため介在する中間業者の数だけ中間マージン(中抜き)が発生し、その結果報酬が高額になってしまいます。しかし、報酬が高額にも関わらず、実際に手を動かした働く人の所得は少ないのが現状です。「タテカン」は従来の中間業者を介在させる形式とは異なり、不動産オーナーと建物関連スキルを持つ個人が直接マッチングすることが出来るため複数業者分発生していた中間マージン(中抜き)が発生しません。不要な中間マージン(中抜き)を省くことにより新たに生まれる利益をタテカンさんに適正報酬で配分し、「タテカン」により研修・資格補助制度をタテカンさんに提供することで、不動産業界全体のスキルアップと所得アップの両方の実現を目指します。 <ラックベア株式会社について> ラックベア株式会社は「ITを活用した『働く人』からのゲームチェンジ」をミッションとしています。 多くの業界の「常識・当たり前」は非効率なものや、「働く人」の理想とは程遠い状態にあるものが少なくありません。この現状をITの力で「働く人」と共に根底から覆し、業界として理想の状態にすることをゲームチェンジと考えています。 そして何よりラックベアが大切にしていることは、常に「働く人」に寄り添い、支える存在で在り続けるということです。どの場面でも、そこに働く人がいてくださるからこそ、あらゆるサービスは成り立っています。今後もITを活用し、既存の業界において常識・当たり前になっている形態を刷新し、よりシンプルに、より効率的にすることで、「働く人々」にとって満足のできるサービスをご提案していきます。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000045251.html