【不動産ニュース】野村不動産グループが運営する大規模商業施設「bono(ボーノ)相模大野」 7/25(木)リニューアルグランドオープン
2019年7月23日 10時30分
no image
 野村不動産株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:宮嶋 誠一)と株式会社ジオ・アカマツ(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:横山 英大)は、野村不動産グループが所有・運営するbono相模大野ショッピングセンター(神奈川県相模原市)において大規模リニューアルを実施しましたので、お知らせいたします。  2013年の開業以来これまでに約6,500万人(2019年6月末時点)にご利用いただき、この度、開業以来最大規模となる延べ面積約3,700㎡、対象店舗12店(うち新規出店9店)のリニューアルをおこない、4月より順次オープンしており、7月25日にリニューアルグランドオープンを迎えます。人気ファッションブランドH&Mやアインズ&トルペ、お客様のご要望が多かった100円ショップセリアの出店等、より魅力的なラインナップとなります。今回のリニューアルにともなう新たな魅力的な店舗ラインナップで、より楽しくより快適なお買い物を実現し、「必要なもの、ほしいものは必ずボーノにある」を実感していただけるよう、地域の皆様の毎日のくらしに密接して、寄り添う施設へと生まれかわります。 ■bono相模大野HPアドレス:http://bono-sagamiono.jp 1.リニューアルコンセプト  「毎日のお買い物がより楽しく、より便利に」をコンセプトに、幅広いニーズを叶える豊富なラインナップを揃えることで、より楽しくより快適なお買い物体験が実現します。 ・3階:ファッションゾーンとしての存在感を高めるべくファストファッション・コスメなどの新店を新たにラインナップ。トレンド感が一層強化され、ファッションに対するより幅広いニーズに応えます。 ・4階:ライフスタイルゾーンとしてお客様からのご要望の多かった雑貨テナントを誘致。人気のカフェ店の新規出店と併せ日々の生活により密着した利用を促進していきます。 ・6階:地域の憩いの場である屋上庭園「さがにわ」を中心に、従来のレストランのほかカルチャースクールや歯科医院などが新たにラインナップ。サービス&カルチャーゾーンとして進化します。 2.注目店舗 ・H&M(エイチ・アンド・エム)/レディス・メンズ・キッズファッション ファッションとクオリティを最良の価格でサステイナブルに提供する、スウェーデンのファッションブランドです。レディス、メンズ、キッズファッション、アクセサリーなどご家族でお買い物をお楽しみいただけます。 ・アインズ&トルペ /化粧品 国内外のスキンケアメイクなどバラエティ豊かな商品が充実。1時間ゆっくりと楽しめるトータルビューティーショップです。キュートで上品なコスメブランドLIPS&HIPSはギフトにもおすすめです。 ・Seria(セリア)/生活雑貨 日常を彩る、おしゃれでかわいいモノに出会える「100円雑貨の専門店」。明るくゆったりとした店内に、見ているだけでワクワクする雑貨と、手作り素材が驚きの充実度。小さな幸せがいっぱいのお店です。 5.野村不動産グループの商業事業開発について   野村不動産グループでは、新中長期経営計画(2020年3月期~2028年3月期)」における、商業事業の戦略として、飲食やサービスを中心とした都市型商業施設や、エリアに密着したショッピングセンターを展開していくことを掲げており、施設利用者に豊かな時間を提供する施設計画とサービスにより、利用者と出店者双方の満足度の追求を目指しております。「bono相模大野ショッピングセンター」を、今後もよりエリアの皆様に愛される施設にしていく他にも、今後以下のプロジェクトをエリアに密着したショッピングセンターとして、推進していく予定です。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000190.000025694.html