【不動産ニュース】野村不動産とNREG東芝不動産 日の出ふ頭に小型船ターミナルが竣工|R.E.port
2019年7月24日 07時30分
no image
 野村不動産(株)とNREG東芝不動産(株)は、東京都港湾局と進めてきた「日の出ふ頭小型船ターミナル等整備計画(Hi-NODE)」の工事を竣工。8月3日に開業する。  同事業は、東京圏の国家戦略特別区域の特定事業「(仮称)芝浦一丁目計画」の関連事業。日の出ふ頭北側の敷地の一部において、東京都港湾局から用地使用許可を受け、船客待合所や飲食機能を導入した施設、イベント広場を整備した。  JR線「浜松町」駅徒歩9分、新交通ゆりかもめ「日の出」駅徒歩4分に立地。延床面積887.12平方メートル。  その他、同事業ではこれまで閉鎖されていた日の出ふ頭と竹芝ふ頭をつなぐ連絡橋の耐震補強による開通や、開発が進む芝浦-日の出-竹芝をつなぐ各エリアへの相互アクセスも改善、回遊性の向上も図っていく。  野村不動産グループは、同施設を利用したイベント活動等を積極的に行ない、水辺のにぎわいと各エリアとの回遊性を創出し、舟運と地域の活性化を図っていく。 https://www.re-port.net/article/news/0000059666