【特別コラム】「不動産業界のWEBマーケティング」第7回 ~ コンビニおにぎりもバナーも「コピー」が大事? ~|石岡 隆也(不動産業専門のWEBコンサルタント)
2019年7月31日 07時30分
no image
 目の前にコンビニのおにぎりがあります。 へえ、訪日外国人向けなのか、しれっと英語で「Salmon」と書いてあります。 この英語表記はいつからなんだろう?? 気になると調べてみたくなる損な性格なので、コンビニおにぎりのパッケージについてサイトで検索してみることにしました。 すると、なんとコンビニおにぎりパッケージを研究している方が世の中にはいるんですね。 早速そのサイトを覗いてみましたところ、色々な事がわかりました。 訪日外国人にわかりやすくする為に、英語表記と具材のイメージ画像も載せるようになったとの事、そういえば以前のパッケージには「梅」とか「鮭」という文字だけだったな。 一番驚いたのが、定番の商品(例えばおかか)でさえ、年に数回パッケージを変更していること。 1年間のパッケージデザインの変遷を見てみると、パッケージ写真には大きな変化がありません。変化があるのはコピー部分なんです。(もちろん具材のマイナーチェンジは行われていることでしょう) 「おかか」のコピーの場合、 しっとり仕立て「おかかづくし」 ↓ 「おかか」(コピー無し) ↓ ふんわり仕立て「おかか」 とコピーが変化しています。 「おかかづくし」から「おかか」になり、つくしてくれなくなってしまった。倦怠期なんだろうか… 「ふんわり仕立て」なんだか柔軟剤のコピーみたいで素敵です。 (注:このコラムは「不動産業界のWEBマーケティング」コラムです) たったの1年で何度もコピーが変化しているということなんですね。驚きです。 コピー変化の目的はたった一つ。それは「売上を伸ばす為」です。 コピーの変化による売上の推移をチェックし、刺さるコピーを見つけ出し、売上を伸ばそうとしているのです。 コンビニおにぎりのパッケージ変化で特に感心したのが、 「イメージ写真は大きく変えていない」ことです。 イメージ写真を変えずにコピーだけを変えると、純粋にユーザーがどのコピーに刺さったのかがわかります。 コピーと同時にイメージ写真を変えてしまうと、売上の変化があったとしても、写真が良かったのかコピーが良かったのかがわかりませんからね。 さて、「不動産業界のWEBマーケティング」コラムに(やっと)戻ります。  新築マンションのWEB広告で「バナー」を作りますよね。 このバナーですが、代理店さんに丸投げで適当につくっていませんか? コンビニのおにぎりでさえ、パッケージのコピーテストを繰り返しています。 なのに新築マンションのバナーはコピーテストさえされずに放置されていることが多いようです。 残念ながら、WEB解析でバナーの効果を検証されているクライアントさんは多くはありません。 検証をきちんと行って、その結果をもとにアクションをすることで、確実にアクセス数が増え、コストダウンにつながるのに…と思うので残念です。 WEB解析は大した手間ではないのに…  以前、こんなことがありました。 新築マンションの外観パースをバックに2つのコピーでバナーのテストをしたことがあります。 同じ外観パースを背景に、文字だけ変更してテストをしたというわけです。 1「〇〇〇〇万円台より」 2「月々の支払いは〇万円台」 共によく見るコピーですよね。 実はこのマンションの場合、何度テストしても「1」のバナーの方がクリック率が圧倒的に高かったのです。 月々の支払いコピーの方がクリック率が低かったという事です。 WEB解析結果で明らかに差があったので、チラシのコピーも「〇〇〇〇万円台より」として配布したことを覚えています。 念のために申し上げますが、他のマンションでは月々の支払いが刺さる結果が出たりします。 販売するエリア特性や販売価格…等で結果は変わるということです。  先ほども申し上げましたが、バナー制作は広告代理店さんに依頼をされていることと思いますが、バナーのデザインだけを気にしてませんか? バナーは「作品」ではありません、WEB集客する為の「ツール」です。 百数十円コンビニのおにぎりでさえ、年に何度もコピーを変更しています。 数千万円もする新築マンションのWEB広告は、コピーテストをしていないという摩訶不思議な実態があるのです。 コピーテストに掛かる費用は、バナー代とテスト期間の広告費とわずかの金額で済みますので、それを行わないという選択肢は無いと思うのです。 「〇〇駅まで直通△△分」「〇路線△駅利用可」というそのコピーは、営業サイドや広告代理店さんが「これは刺さる」と思い込んでいるだけかもしれません。 石岡 隆也(いしおか・たかや) 不動産業専門のWEBコンサルタント。大手マンションデベロッパーのWEB戦略専門の部署などを経て、2009年神奈川県川崎市に株式会社アコースティックを創業し現在会長職。主にWEB広告戦略の立案・実施を行う。2016年より株式会社マーキュリー顧問 ※編集部より 不動産業に特化したWEBマーケティングやコンサルタントでお困りでしたらマーキュリーにご相談ください。専門スタッフが貴社のWEB事業全般をサポートいたします。詳細はこちら https://mcury.jp/contact