【不動産ニュース】アールシーコア ログ小屋付きの新商品発売|R.E.port
2019年7月26日 09時34分
no image
 (株)アールシーコアは24日、4月に販売開始したログ小屋キット付きの「ワンダーデバイス ギャング」のモデルハウスを、「LOGWAY BESSスクエア」にオープンした。  同商品は、木造軸組構法2階建ての戸建てと、本物のログ材を採用した約10平方メートルほどの小屋「IMAGO」のキット、また、これらをつなぐウッドデッキをセットにしたもの。  1階はキッチン等の水回り以外は土間とし、大開口部をオープンにしてウッドデッキとつなげることで、屋外のリビングとして過ごすことができるようにした。また、2階は間仕切りなしの空間とし、住む人のニーズによって変更できるようにしている。  展示モデルは、ギャングの延床面積が64.59平方メートル、デッキが31.68平方メートル、IMAGOが9.87平方メートル。販売は、同社の住宅事業「BESS」ブランドの見込み顧客を対象とした会員制サービス「LOGWAYクラブ」会員に限定して行なう。販売価格は、北関東・東海・近畿等で1,380万円(税込み。2019年12月末まで)。  同日会見した同社BI企画室の工藤美佳氏は、「Uターン等で地方に移住する人たちが、自分らしい個性を発揮できるような家をイメージした。『ギャング』とは、打算のない仲間たちの意味。仲間たちが集まって好きな時間を過ごしてほしい」と話した。  さらに同社代表取締役の二木浩三氏は、「LOGWAYクラブの会員は1,100名を超えた。当社のファンは、人生の“道中を楽しむ”人たち。本心で楽しめる暮らしをサポートしたい」と語った。 https://www.re-port.net/article/news/0000059693