【不動産ニュース】住宅金融支援機構 19年4~6月のフラット35、申請微増|R.E.port
2019年7月29日 09時23分
no image
 (独)住宅金融支援機構は26日、2019年4~6月の「フラット35」の申請戸数、実績戸数、実績金額を発表した。  同期間の「フラット35買取型」の申請戸数は2万7,311戸(前年同期比0.1%減)。実績戸数1万7,598戸(同6.3%減)、実績金額5,248億602万円(同3.6%減)となった。  借り換えを除いた申請戸数は2万6,180戸(同3.0%増)、実績戸数は1万6,542戸(同1.4%減)、実績金額は5,005億7,263万円(同0.9%増)。  一方、「フラット35保証型」は、申請戸数3,590戸(同29.0%増)、実績戸数2,298戸(同54.9%増)、実績金額645億1,639万円(同59.3%増)と増加。申請戸数におけるフラット35全体に占める割合は、11.6%(同2.4ポイント増)に拡大した。保証型の取扱金融機関数の増加に合わせ、申請戸数が増加している。 https://www.re-port.net/article/news/0000059703