【不動産ニュース】Tranzax 電子記録債権を活用、給与立替支払いの新サービス|R.E.port
2019年7月30日 10時08分
no image
 Tranzax(株)は29日、電子記録債権を活用した新たなFintechサービスの提供開始を発表した。  Tranzaxと、企業とエンジニアとのマッチングシステムエンジニアリングサービスを支援するプラットフォーム事業を行なう(株)メイプルシステムズ、信販会社の(株)オリエントコーポレーションの3社で、発注企業とエンジニア企業との取引を電子記録債権化。メイプルシステムズが提供するエンジニアプラットフォームに登録するエンジニア企業に対し、立替支払いを実現し、エンジニア本人への給与を、計画的に確保できる新しいスキームとして提供する。  メイプルシステムズにとっては、発注企業とエンジニア企業との取引を電子記録債権化することで、オリコが提供する決済サービスを導入して優秀なエンジニアを確保することができる。また、他社にはない決済機能を組み込むことで、差別化にもつながるという。  登録する企業やエンジニア本人にとっても、Tranzaxのサービスを利用することで、派遣先企業の安全性・透明性が担保され、安心して取引することができる。 https://www.re-port.net/article/news/0000059715