【ニュースな物件】千葉県市川市八幡2丁目の駅前再開発「本八幡駅北口地区再開発基本構想」
2019年8月1日 07時30分
no image
 JR総武本線本八幡駅北口周辺の約4.2haが対象の再開発「本八幡駅北口地区再開発基本構想」が街づくりの基本的な方向性を示している。コンセプトは「多彩な魅力あふれる複合交流都市拠点~歴史と未来をつなぐ行政・文化中心地の創造~」となっており、対象地域の東側には葛飾八幡宮の参道があり、西側にはJR本八幡駅北口駅前広場や八幡中央通り、南側はJR総武線、北側に京成本線で囲まれた地域が該当する。 【不動産ニュース】市川市が本八幡駅北口再開発基本構想/北側に宿泊、住宅|建設通信新聞DIGITAL https://www.kensetsunews.com/archives/348572