【不動産ニュース】エリアL19年12月期2Q 純利益85%増|R.E.port
2019年7月31日 09時10分
no image
 (株)エリアリンクは29日、2019年12月期第2四半期決算(非連結)を発表した。  当期(19年1月1日~6月30日)は、売上高201億4,500万円(前年同期比44.5%増)、営業利益26億3,400万円(同76.3%増)、経常利益24億7,200万円(同83.9%増)、当期純利益16億8,600万円(同85.1%増)。  主力の不動産運用サービス事業では、基幹事業であるストレージ事業において、計画外であった8棟の売却が完了するなど、「土地付きストレージ」の販売が好調。売上高155億8,200万円(同26.1%増)、セグメント利益20億6,200万円(同11.2%増)となった。  不動産再生・流動化サービス事業は、通期計画で予定していた大手案件の売却が前倒しで決済されたことや、前期末に販売用不動産に振り替えた保有不動産の売却により、大幅な増収増益に。売上高45億6,200万円(同187.4%増)、セグメント利益12億300万円(同303.1%増)となった。  通期については、売上高290億円、営業利益28億円、経常利益27億円、当期純利益15億円を見込む。 https://www.re-port.net/article/news/0000059727