【不動産ニュース】三井不動産 三井ガーデンホテル六本木プレミア、20年1月開業|R.E.port
2019年7月31日 09時19分
no image
 三井不動産(株)、(株)三井不動産ホテルマネジメントは30日、「三井ガーデンホテル六本木プレミア」(東京都港区、客室数257室)を2020年1月24日に開業すると発表した。  同ホテルは、東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木」駅より徒歩5分、鉄骨造地上14階建て。「東京ミッドタウン」や「六本木ヒルズ」といった大規模商業施設に近く、観光・ビジネス両面で利便性に優れた立地。同ブランドとしては、全国で6施設目、都内で4施設目となる。  外観デザインは、光井純&アソシエーツ建築設計事務所が監修。寄木や折り紙、屏風等、「和」のモチーフを取り入れた。客室は、プレミアダブル(約27平方メートル)、ジュニアスイート(約60平方メートル)などを用意。デザインには(株)乃村工藝社を起用し、漆風塗装や木目の質感により日本の美意識を醸し出す、落ち着きある空間を創出する。また、館内にはフィットネスジムを設ける他、最上階には東京タワーを望めるテラス席を備えた、レストラン・バーが出店する。 https://www.re-port.net/article/news/0000059729