【不動産ニュース】「家いちば」空き家問題を解決する不動産プラットフォーム 本格スタート
2019年8月1日 11時00分
no image
「家いちば(https://www.ieichiba.com)」は、2015年のサイトオープン以来、他の物件サイトではあまり見かけないような郵便局や味噌工場といった物件が売られているユニークなサイトとしてメディアにも多く取り上げられ、特に田舎の空き家が数十万あるいはゼロ円で売られることも珍しくなく、「安ければ買いたい」といった需要を掘り起こし、深刻な空き家問題の救世主的な存在として注目を集めてきました。 運営を新体制へ移行 今後は、これまで蓄積したデータやお客様の声を再分析し、日本に不可欠なサービスとして独自のシステムを作り上げ、ユーザー同士のコミュニケーションやレコメンド機能などを強化し、さらに日々改善改良を重ねていく予定です。この度2019年8月1日付で、家いちばを運営する株式会社エアリーフロー(東京都新宿区、以下「旧運営会社」)は、新法人である家いちば株式会社(東京都渋谷区、以下「当社」)に当事業を譲渡し、新たな体制で当サイトの運営を行うこととなりました。あわせて同日付でおよそ4千万円の第三者割当増資を実施し、この資金によりシステム開発等の積極投資を行う計画です。また、当社と旧運営会社との間で業務提携を締結し、家いちばでマッチングした顧客の不動産売買契約等の媒介業務は、引き続き宅地建物取引業者(東京都知事(2)第94031号)である旧運営会社にて担当します。 全国を飛び回りながら独自のビジネスモデルを確立 これまでのメディアでの反響から口コミ効果で問合せが急増し、北は北海道から南は屋久島、過疎地、豪雪地帯、離島と全国を飛び回りました。ウェブサイトを通じたマッチングのサービスではありますが、やはり不動産ならでは泥臭さと、人と人とのドラマがあり、そういうヒューマニティな面も大事にしながら、このビジネスモデルを確立してきました。そこで出会った多くの利用者の方々からのありがたい感謝と励ましのお言葉をいただきながら、このサービスをもっと広く普及させていかなければならないと使命に感じ、今回の新会社化を決意した次第です。 <家いちば事業の概要(直近集計)> 掲載物件数(累計):709件 成約物件数:122件(成約率17.2%) 延べ利用者数:9837人 取扱物件価格累計:65.4億円 不動産売買の新しいやり方「セルフセル方式」 家いちばの本質は、売主と買主が直接商談のやり取りをする「セルフセル方式」にあります。これは、従来の不動産売買の常識を覆すものです。商談の間に不動産会社が入らないため、相手を見て売り手や買い手を選ぶことができます。これまでの実績により、そうやって売り買いしたいというニーズの存在とそれに付随する問題点の両方を経験してきました。今後もプラットフォームとして、安全に安心して利用できることが最重要課題と認識して取り組んで参ります。これからの家いちばにどうぞご期待ください。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000047277.html