【不動産ニュース】東急不、スタートアップ向け共創施設第6弾|R.E.port
2019年8月2日 09時30分
no image
 東急不動産(株)は3日、スタートアップ向けの共創施設「GUILD Jinnanzaka(ギルド ジンナンザカ)」(東京都渋谷区)を開設する。  同社は、「渋谷」駅を中心としたエリア一帯の広域渋谷圏で、スタートアップ向け共創施設として「Plug and Play SHIBUYA powered by 東急不動産」「GUILD Aoyama」等を開設してきた。同施設はその第6弾。  築14年の既存ビル「フレーム神南坂」の4階部分(489.83平方メートル)をリノベーションした。入居テナントは、プログラミングスクールを運営するスタートアップ企業(株)div。  同社は、同施設のリノベーションオフィスだけではなく、所有するオフィスや貸会議室「インフィールド」等を活用し、プログラミング教室を開校。ワークスペースの提供を通じて、スタートアップ企業の成長やエンジニア人材の輩出を支えていく。 https://www.re-port.net/article/news/0000059762