【不動産ニュース】東急不HD20年3月期1Q 増収減益も順調に推移|R.E.port
2019年8月5日 09時15分
no image
 東急不動産ホールディングス(株)は2日、2020年3月期第1四半期決算(連結)を発表した。  当期(19年4月1日~6月30日)の売上高は1,865億4,100万円(前年同期比7.0%増)、営業利益112億2,600万円(同4.8%減)、経常利益84億7,100万円(同13.4%減)、当期純利益38億800万円(同29.5%減)。  主力の都市事業は、投資家向けのビルの売却収益の減少で減収となったが、新規稼働物件の寄与や既存物件の賃料収益の改善などで増益。セグメント売上高は545億円(同0.3%減)、営業利益は118億円(同11.2%増)となった。なお、オフィスビルと商業施設の空室率は0.2%の低水準を維持。  住宅事業は、一括売却の反動減により、セグメント売上高99億円(同24.5%減)、営業損失12億円(前年同期:営業利益1億円)と減収減益になった。一方、販売は引き続き堅調で、マンションの通期売上予想に対する契約済み割合は、期首の54%から66%に上昇。通期予想に対して順調に推移している。  通期については、売上高9,200億円、営業利益820億円、経常利益710億円、当期純利益390億円を見込む。 https://www.re-port.net/article/news/0000059781