【不動産ニュース】ライナフ 宅配伝票番号でマンションエントランスドアを解錠|R.E.port
2019年8月6日 09時10分
no image
 (株)ライナフはこのほど、置き配バッグ「OKIPPA」を提供するYper(株)(東京都渋谷区、代表取締役:内山智晴氏)と連携。宅配伝票番号だけでオートロックマンションのエントランスドアを解錠、自宅前まで配達を可能にする実証実験を開始した。  ライナフが開発するエントランス専用のスマートロック「Ninja Entrance(ニンジャエントランス)」をマンションのエントランスに設置。配達員がテンキーで宅配便の伝票番号を入力すると、一時的にオートエントランスを解錠でき、玄関先や指定場所に設置された置き配バッグ「OKIPPA」に荷物を届けることができる。エントランスの開閉記録は「Ninja Entrance」のシステム上で管理するため、管理会社はいつでもログの確認が可能。  今後は、宅配物のみならず、買い物代行や家事代行などのサービスが入る際の仕組みの実現化に向けて取り組む計画。 https://www.re-port.net/article/news/0000059793