【不動産ニュース】阪急阪神不動産 スタートアップ企業と実証事業|R.E.port
2019年8月6日 09時14分
no image
 阪急阪神不動産(株)はこのほど、(株)デジタルガレージが運営する、不動産関連スタートアップを対象としたグローバルな育成プログラム「Open Network Lab Resi-Tech」に参加しているスタートアップ5社と、同社を含む国内大手不動産・建設、ライフライン企業7社で構成するパートナー各社と共同で実証実験を開始した。   阪急阪神不動産は、2018年11月から「Open Network Lab Resi-Tech」にパートナーとして参画し、5G時代を見据え、人びとの暮らしを豊かにするプロダクトやサービスを手掛ける有望な企業との共創に取り組んできた。  今回、デジタルガレージとパートナーが同時にスタートアップとの複数の実証事業に取り組むことで、実証事業で確認する仕様の標準化までの時間を短縮。「ビル管理業務の人手不足」、「高齢者の見守り」、「再配達問題」等の不動産業界共通の課題解決を目指していく。なお、パートナー企業は(株)コスモスイニシア、(株)竹中工務店、東急グループ、東京建物(株)、野村不動産ホールディングス(株)、三井不動産(株)。  同社では、デジタルガレージやパートナー各社、スタートアップで構成するコミュニティを通じ、新規事業の創出や、社会課題の解決を図っていく考え。 https://www.re-port.net/article/news/0000059792