【不動産ニュース】19年上半期の商業用不動産投資額、3,410億ドル|R.E.port
2019年8月14日 09時10分
no image
 JLLは13日、2019年上半期の世界の商業用不動産投資額を発表した。  商業用不動産投資額は3,410億ドル(前年同期比9%減)。アメリカ大陸、EMEA(欧州、中東、アフリカ)で投資額が減り、アジア太平洋地域は増加した。19年第2四半期の投資額は1,740億ドル(同9%減)だった。  都市別投資額は、1位がニューヨーク(144億ドル)、2位が東京(117億ドル)、3位がパリ(116億ドル)、4位が上海(109億ドル)、5位がソウル(106億ドル)となった。イギリスのEU離脱問題の先行き不透明感から、ヨーロッパへの投資資金はロンドン(7位、91億ドル)からパリへシフトしているとした。  19年通年投資額の見通しは、前年比5~10%減の約7,300億ドルと予測している。 https://www.re-port.net/article/news/0000059845