【不動産ニュース】ラサール つくばみらい市でマルチテナント型物流施設|R.E.port
2019年8月14日 09時18分
no image
 ラサール不動産投資顧問(株)は9日、茨城県つくばみらい市においてマルチテナント型物流施設「OOCL ロジスティクス新守谷」を竣工した。  敷地面積3万4,226.81平方メートル、延床面積3万8,928.14平方メートル、鉄骨造地上2階建て。最寄りの常磐自動車道「谷和原IC」まで約2km、主要環状道路である国道16号線まで約10kmと、首都圏広域への配送が可能な場所に立地する。  両面バースを備え、1階は梁下有効高7.1m、床荷重を2t/平方メートル確保し、垂直搬送機4台、荷物用エレベーター5台を配置。また、トラック専用待機場16台、ドライバー専用喫煙室・トイレの完備、雨天時にも対応できるよう7mの庇を設置するなど、トラックドライバーの作業性向上にも配慮した。  防災面では非常用発電機を設置し、緊急時にも荷物用エレベーター、コンセント等を停止することなくオペレーションすることが可能。また、倉庫内において人感センサー付きLED照明を配置するなど、省エネ対策等、環境負荷低減に配慮した施設として、CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)の評価「Aランク」の認証を取得している。  約170台の一般車駐車場も確保しているほか、休憩室・シャワー室等の共用部や 倉庫内に空調付き作業エリアを設けるなど、従業員にとって快適な環境を提供する。  入居企業として「OOCL ロジスティクス・ジャパン」が単独で100%契約。香港証券取引所に上場するOrient Overseas(International) Limited (OOIL)傘下の物流企業「OOCL Logistics」の日本法人。「OOCL Logistics」は40ヵ国以上に140を超えるオフィスを持ち、世界各国で物流・サプライチェーンサービスやソリューションを提供している。 https://www.re-port.net/article/news/0000059850