【ニュースな物件】千葉県浦安市北栄1丁目の店舗付き共同住宅「浦安魚市場跡地」野村不動産
2019年8月15日 07時30分
no image
 東京メトロ浦安駅を出て、宮前通りを北へ歩いてほどなくすると見える「浦安魚市場跡地」。今年3月に閉場した浦安魚市場は浦安市当代島にて昭和28年に開業し、その後北栄に場所を移動した。閉場の理由は幾つかあるが主なものとして耐震基準を満たしていなかった点と店舗の老朽化、後継者不足などが重なったため。再開発計画では野村不動産が建築主となり、西棟15階 東棟9階 店舗棟2階の3棟からなる店舗付き共同住宅として開発される。敷地面積は4453㎡、延床面積は11440㎡、総戸数98戸を予定している。着工は来年1月で、竣工は2022年3月を予定している。 【不動産ニュース】野村不動産の浦安魚市場跡/店舗付き98戸共住新築|建設通信新聞DIGITAL https://www.kensetsunews.com/archives/353161