【不動産ニュース】TDB 女性管理職、不動産業は12.9%|R.E.port
2019年8月16日 09時17分
no image
 (株)帝国データバンクは15日、「女性登用に対する企業の意識調査」の結果を発表した。今回で7回目。調査期間は2019年7月18~31日、全国2万3,650社を対象にアンケートを実施。有効回答企業数は1万91社。  自社の従業員のうち女性が占める割合は、全体平均25.2%(前年比0.3ポイント上昇)とやや増加した。管理職(課長相当職以上)の女性割合は平均7.7%(同0.5ポイント上昇)、役員は9.8%(同0.1ポイント上昇)。業界別では、「不動産」は12.9%(同0.5ポイント低下)で、「小売」の13.9%(同1.1ポイント上昇)に次いで2番目に高かった。最も低いのは「建設」の5.0%(同0.3ポイント上昇)。  自社において女性の活用や登用を進めているかについては、「社内人材の活用・登用を進めている」が44.4%、「社外からも活用・登用を進めている」が13.2%。社内もしくは社外から女性の活用・登用を進めている企業は50.0%に達した。効果については、「男女にかかわらず有能な人材を生かすことができた」が68.0%で最も多く、次いで「多様な働き方が促進された」28.4%、「女性の労働観が変化してきた」27.5%となった。  今後の女性管理職の割合については、「増加する」と見込む企業は23.6%、「変わらない」は58.7%、「減少する」は1.8%となった。 https://www.re-port.net/article/news/0000059869