【不動産ニュース】小田急、新宿駅周辺で「傘シェア」サービス|R.E.port
2019年8月16日 09時21分
no image
 小田急電鉄(株)と小田急不動産(株)は14日、駅やその周辺で両社が運営する施設に「傘シェアリングサービス」を導入して試験運用する。  傘の持ち歩きの手間を省き、ビニール傘の使い捨てを削減する。ビニール傘の使い捨て削減により、まちの美観を保ち、SDGsの「持続可能な消費と生活のパターンを確保する」に適った廃棄物の削減に寄与する狙い。  (株)Nature Innovation Group(東京都渋谷区、代表取締役:丸川照司氏)が運営する日本最大の傘シェアリングサービス「アイカサ」を導入するもの。スマートフォンを使いユーザー登録することで、傘を好きな時に借りられ、どこでも返せる。今後の沿線への展開に向けた試験運用と位置付け、小田急他「新宿」駅周辺で両社が運営する商業施設やオフィスビル等10ヵ所にアイカサのレンタルスポットを設置する。  利用料金は1日70円で、同月内使い放題で最大420円。通話アプリ「LINE」を使って借用・返却の手続きができる。 https://www.re-port.net/article/news/0000059870