【不動産ニュース】UR都市機構と東京メトロ 日比谷線に虎ノ門ヒルズ駅が2020年6月6日(土)開業|by PR TIMES
2019年11月16日 09時00分
no image
UR都市機構(本社:横浜市中区/理事長:中島 正弘)と東京メトロ(本社:東京都台東区/代表取締役社長:山村 明義)は、2020年夏前の開業を目指し、2016年2月から設置工事を進めている東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」について、2020年6月6日(土)に開業することを決定しました。  「虎ノ門ヒルズ駅」は、日比谷線霞ケ関~神谷町駅間、国道1号と環状第2号線の交差点付近に位置し、1964年に日比谷線が全線開業して以来、約56年ぶりに新たな駅として誕生するものです。相対式2面ホームで、各ホームに出入口(地上行き)を1箇所設置するほか、中目黒方面行きホームにつながる地下歩行者通路により、周辺再開発ビルやバスターミナルに接続するとともに、銀座線虎ノ門駅との乗換えも可能になることで、交通結節機能の強化が図られます。  今回の開業は2020年夏に開催される国際的なスポーツ大会に向けて開業するもので、引き続き最終完成を目指し、UR都市機構が事業主体、東京メトロが設計・工事受託者の役割分担のもと、関係機関及び周辺再開発事業との連携・調整を図りながら、整備を進めてまいります。最終完成時は、地下2階で隣接する再開発事業で整備される駅広場とつながり、地上と地下をスムーズに行き来できる「まちと一体となった新たな駅」を目指してまいります。 <日比谷線ナンバリングの変更> 「虎ノ門ヒルズ駅」の開業に伴い、当駅から北千住方面の駅ナンバリングを変更いたします。 <日比谷線ダイヤ改正について>    2020年6月6日(土)から平日、土曜日・休日ダイヤにおいてダイヤ改正を実施いたします。  なお、ダイヤ改正の詳細につきましては、別途ホームページ上でお知らせいたします。 <参考 最終完成について> 「虎ノ門ヒルズ駅」の最終完成は、地下2階のコンコースと両側に隣接する再開発事業で整備される駅広場と一体となり、より快適で利用しやすい駅となる予定です。 リリース元:PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000645.000020053.html