【不動産ニュース】不動産仲介会社への不安『良いことしか言わない』が40%  11月18日「いい家の日」に「いい家購入プロジェクト」始動|by @Press
2019年11月17日 09時00分
no image
~不動産仲介会社と買主間の信頼関係構築のために『プリカ』を発行・配布~ 業界初の個人向け不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断、以下 HI)を提供している“不動産の達人”株式会社さくら事務所(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:大西 倫加)は、11月18日の「いい(11)家(18)の日」を前に、「不動産仲介会社に抱いた不安」に関するアンケート調査を行いました。そしてその結果をもとに、11月18日「いい家の日」に中古物件の買主の方と不動産仲介会社様とのコミュニケーションを円滑にするカード「プリーズ・インスペクション・カード」(略称:『プリカ』)を発行・配布し、「いい家購入プロジェクト」を始動いたします。 ■買主と仲介企業間の「信頼関係」が不足 11月18日の「いい(11)家(18)の日」は「自分にとって本当にいい家とは何か」を考え、住宅について関心を持ってもらうことを目的に制定されました。 そこで、より良いサービスの提供を考え、さくら事務所にくるお問い合わせを見直したところ、「いい家を購入したいのでHIを利用したいが、不動産仲介会社への手続きの仕方がわからない」「そもそも不動産仲介会社や売主にHIを入れたいという意思を伝えづらい」というものがありました。 その一方、さくら事務所の独自調査(Twitterアンケートを使用)で「不動産仲介会社に抱いた不安」に関するアンケートを行ったところ、「良いことしか言わない」が40%、ついで「不親切」23%となり、大きな買い物をする買主の方と、それを仲介する企業の間に「信頼関係」が必要なのにも関わらず、実は足りていない可能性があることもわかりました。 Q. 不動産仲介会社に抱いた不安は? ■「信頼関係」不足を解決するために そこで、さくら事務所は、それらの問題点の突破口として、中古物件の買主の方と不動産仲介会社様とのコミュニケーションを円滑にするカード「プリーズ・インスペクション・カード」略して『プリカ』を発行・配布することを発表します。 これにより、HIを利用したい買主の方は不動産仲介会社様に『プリカ』を提示するだけ、提示された不動産仲介会社様は裏面にあるQRコードを読み込むことで、さくら事務所のWEBサイト内にある手続き方法に従って準備していただくものがわかります。 また、不動産仲介会社様に『プリカ』を快く受け取っていただくことで、買主の方との間にある「信頼感」をより高める一助となることも目指しています。 買主の方には「いい家」を、不動産仲介会社様には「信頼」を得ていただくために、『プリカ』のご活用をご提案いたします。 ■プリカ概要 正式名称 : プリーズ・インスペクション・カード(略称:プリカ) 発行開始日: 2019年11月18日(月)~ 対象   : 中古の不動産物件購入検討者 発行方法 : WEB掲載のカード画像をお持ちの携帯電話やタブレットに        ダウンロード 使用方法 : 表示画面を提示 詳細については下記サイトでご確認いただけます https://www.sakurajimusyo.com/expert/tatemono-tyousa-ck.php リリース元:@Press https://www.atpress.ne.jp/news/198476