【不動産ニュース】住宅リフォーム・紛争処理支援センター 18年のリフォーム市場規模は5兆7,200億円|R.E.port
2019年11月15日 09時28分
no image
 (公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターは13日、「住宅リフォーム市場規模(2018年版)」の推計を公表した。建築着工統計や家計調査年報、全国人口・世帯数・人口動態表等により、推計した。  18年の増築・改築工事費と設備等の修繕維持費の合計となるリフォーム市場規模は、5兆7,200億円(前年比300億円減)。内訳は、設備等の修繕維持費が5兆2,800億円(同200億円減)、増築・改築工事費が4,400億円(同100億円減)。住宅着工統計の「新設住宅」に計上される増築・改築工事と、エアコンや家具等のリフォームに関連する耐久消費財、インテリア商品等の購入費を含めた「広義のリフォーム市場規模」は6兆9,000億円(前年比300億円増)だった。 https://www.re-port.net/article/news/0000060645