【不動産ニュース】アットホーム 地場景況感、売買仲介DIが低下傾向|R.E.port

2019年11月15日 09時31分
no image
 不動産情報サービスのアットホーム(株)は14日、「地場の不動産仲介業における景況感調査(2019年7~9月期)」の結果を発表した。  北海道、宮城県、首都圏(1都3県)、静岡県、愛知県、近畿圏(2府1県)、広島県、福岡県の13都道府県において、前年同期と比較した業況判断指数(DI)を算出。「50」を前年並みとする。アットホームの全国不動産情報ネットワーク加盟店のうち、都道府県知事免許を持ち5年を超えて不動産仲介業に携わる不動産店の経営者層を対象にインターネットで調査した。調査期間は9月12~29日。有効回答数は1,635店舗。  当期の賃貸仲介の業況DIは、45.3(前期比2.3...
この記事は会員限定です。Realnetにご登録いただくと記事全文、添付ファイルがご覧になれます。
新規の方はこちら(登録無料) 今すぐ登録
会員の方はこちら ログイン