【不動産ニュース】三井不動産 マンハッタンの再開発ビル、FBの入居決定|R.E.port
2019年11月18日 09時15分
no image
 三井不動産(株)は15日、米国子会社を通じて参画しているオフィスビル開発事業「50 ハドソンヤード」にて、フェイスブックと米国東海岸最大拠点となる賃貸借契約を締結したと発表した。  同事業は、ニューヨーク・マンハッタンにおいて過去最大の複合開発である「ハドソンヤード」に、オフィスを主要用途とした地上58階地下3階建てのオフィスビルを建設するもの。敷地面積約26万4,000平方メートル、延床面積約2万6,400平方メートル。地下鉄7番線「34丁目ハドソンヤード」駅直結というロケーションで、ビルエントランス前には公園が広がる。大型整形のフロアプレートとし、大型テナントの本社利用ニーズを想定した複数の専用ロビーエリアを設置している。LEED GOLD認証を取得予定の環境性能、車寄せと一定台数の駐車場も備えた最新鋭のオフィスビル。  フェイスブックとの契約面積は約10万平方メートル超で、すでに契約済みの資産運用会社であるブラックロックの賃貸借面積と合計すると、全体面積の約75%が契約締結済みとなる。総事業費は4,000億円超(1ドル=108円)、同社の事業シェアは9割。  竣工は2022年の予定。  同社はアメリカで、オフィス、住宅など複数用途の開発事業にも取り組んでおり、今後もさらなる事業機会の獲得を目指していく。 https://www.re-port.net/article/news/0000060657