【不動産ニュース】ライフ&ワークデザインほか シェアオフィス市場へ一石を投じる新たな健康推進の取組み|by PR TIMES
2019年11月18日 12時00分
no image
「健康になるシェアオフィス」でシェアオフィス会員のビジネスパフォーマンスをアップ 東急不動産グループであるライフ&ワークデザイン株式会社 (本社: 東京都渋谷区、代表取締役: 友井 俊介、以下 ライフ&ワークデザイン)と株式会社アスエミ(本社:東京都港区、代表取締役:大塚 貴一、以下 アスエミ)は、ライフ&ワークデザインが運営するシェアオフィス「Business-Airport」において、ビジネスパーソンの生産性を健康の観点から高める新しいサービス「ウェルネスコンディショニング」の試験的な運用を行います。 本件取組みは、シェアオフィスが会員の健康増進へ積極的に介入するという点で先進的な取組みであるとともに、立地や設備というハード面や価格による競争を展開しているシェアオフィス市場に一石を投じるものです。この取組みの反響を踏まえて、会員の方々の健康増進に向けたさらなるコンテンツ開発や開催規模の拡大を検討してまいります。 アスエミは、トレーナーなど400名以上の「健康の専門家」を抱えており、MY TRAINERSという一般消費者を対象としたWEBマッチングサービスを運営しているほかに、企業の健康経営や健康系サービスのマーケティング支援を手掛けています。 特に健康経営はここ最近大きな注目を集めおり、従業員の健康増進へ企業が積極的にかかわることで、従業員の満足度や生産性の向上、採用に向けたブランディングにつながるとあって、取組みをスタートする企業が増えています。 一方で、活発に活動している企業はまだまだ一部と言ってもよいでしょう。特にスタートアップ企業においては、まだまだ企業として健康経営に取り組むだけの経営資源や時間的な余力がなく、置き去りにされている感が否めません。 そこで今回、ライフ&ワークデザインが運営するBusiness-Airportに在籍する多くの会員の方々がスタートアップ企業や個人事業主であることに注目し、シェアオフィスが会員の方々へ健康増進コンテンツを提供する「健康になるシェアオフィス」を推進することで、会員の方々の事業成功により貢献することができると考え「ウェルネスコンディショニング」という取組みにチャレンジすることとなりました。 ・実証実験の概要 健康になる1週間「ウェルネスコンディショニング」と題して、月曜日の朝にカラダと脳を活性化させる運動エクササイズ「アクティブモーニング」、金曜日の夕方には1週間の疲れを癒して来週へ向けた英気を養う「マインドフルネス瞑想」を開催します。 (1) 実施店舗:Businees-Airport9店舗(神田店、青山店、品川店、新橋店、渋谷南平店、東京店、丸の内店、六本木店、日本橋店)※東京店は「アクティブモーニング」、丸の内店は「マインドフルネス瞑想」のみの開催 (2) 実施期間:2019年10月28日~12月20日 ※各店舗1回ずつの開催で、1週間ごとに開催店舗を変更 (3) 費用:Business-Airport会員の方は参加費無料 リリース元:PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000032771.html