【不動産ニュース】ミサワホーム、木質工業化住宅で高断熱・大空間を両立|R.E.port
2019年11月25日 09時18分
no image
ミサワホーム(株)は22日、木質系工業化住宅商品「MISAWA ONE」の構造をオリジナルの「センチュリーモノコック」構法に統一。ZEH対応可能な「CENTURY AreaONE」として発売する。  センチュリーモノコックは、120mm厚パネルを使った構造体と最新技術を組み合わせ、高い断熱性・耐震性と大空間を両立する構法で、今回、ファミリー層を中心に好評を得ている住宅商品「MISAWA ONE」に採用して商品グレードアップを図った。さらに、IoTで快適な暮らしを実現する「LinkGates」も標準搭載する。  発売にあたり、新たなモデルプランを追加して商品名を変更。同社の最高クラス住宅ブランド「CENTURY」のノウハウを活用し、建築する地域に合わせてプランを提案していく。モデルプランとして18パターンを用意。延床面積32坪のモデルプランでは、ダブルスキップフロアを採用して2階建て4層の室内空間とし、約3mの高天井とハイサッシによって開放感のある大空間をつくる。  参考価格は上記モデルプランで2,850万円(税込み)。シリーズ全体で2019年度下期200棟の販売を見込む。 https://www.re-port.net/article/news/0000060730