【不動産ニュース】東急 グランベリーパーク来館者が100万人突破|R.E.port
2019年11月26日 09時23分
no image
東急(株)は、(株)東急モールズデベロップメントが運営業務を受託するアウトレット複合商業施設「グランベリーパーク」が、25日に来館者数100万人を突破したと発表した。  「グランベリーパーク」は、開発総面積約22haに及ぶ東急田園都市線「南町田グランベリーパーク」駅前再開発の一部。「グランベリーパーク」は、敷地面積約8万3,000平方メートル、延床面積約15万1,000平方メートル。全241店舗が入居し、うち100店舗がアウトレット店舗となる。  グランベリーパーク総支配人の青木太郎氏は、「開業から2週間を待たずして、予想を大きく上回る速さで100万人を超えるお客さまにお越しいただけましたこと、大変うれしく思う。同パークは公園と隣接するなど自然と融合した施設で、“体験する楽しさ”を体感できることが、多くのお客さまにお越しいただける理由の一つと感じている」とコメントした。 https://www.re-port.net/article/news/0000060740