【不動産ニュース】日本不動産研究所 23区マンション価格、21年以降は微減の可能性|R.E.port
2019年11月27日 09時33分
no image
(一財)日本不動産研究所(JREI)は26日、2025年までの、東京23区のマンション価格と賃料の中期予測を公表した。  JREIが1998年から集計している東京23区の新築・標準タイプ(専有面積40~80平方メートル未満)のマンションの価格・賃料データ「住宅マーケットインデックス」を元に、マクロ計量モデルを構築し、東京23区のマンション価格と賃料を中期的に予測した。  1平方メートル当たりのマンション価格は、19年が106万9,000円(前年比0.8%上昇)、20年は107万8,000円(同0.8%上昇)と予測。消費増税の影響が限定的で、マクロ経済指標の予測値が安定することなどによりほぼ横ばいとみている。しかし、21年は107万6,000円(同0.2%減少)と下落。それ以降も、高い価格水準等の影響で微減すると見ている。  1平方メートル当たりのマンション賃料は、19年は3,483円(同2.5%上昇)、20年は3,517円(同1.0%上昇)、21年は3,552円(同1.0%上昇)と、マクロ経済指標の予測値が安定することなどにより上昇。22年は3,573円(同0.6%上昇)。それ以降も同様の理由から緩やかに上昇すると予測している。 https://www.re-port.net/article/news/0000060746