【不動産ニュース】エヌアセット ベトナム・ビンズン省に支店|R.E.port
2019年11月28日 09時48分
no image
(株)エヌアセットは、グループ会社の「N-ASSET VIETNAM COMPANY LIMITED(エヌアセットベトナム)」(ベトナム・ホーチミン市、代表取締役社長:西村武将氏)が、2020年2月にベトナム・ビンズン省に支店を開設すると発表した。日系不動産仲介会社としての同省進出は初。  ビンズン省は、ベトナム最大の都市・ホーチミン市の北部に隣接し、南部経済圏において主要な省の一つ。14年2月より省都がトゥーヤモット市からビンズン新都市へ移転。20年にはビンズン省が中央直轄市(政府の管轄を直接受ける市)になることが予定されており、都市開発が進行中。近年、生活利便性の高いエリアに発展し、日系企業を含めた外資系企業の進出が続いている。  エヌアセットベトナムは、11年にホーチミン市で開業して以来、主に日系企業・日本人を対象とした賃貸・売買仲介、管理を行なっている。新支店では、省内に急増する外国籍の駐在員(日本人・台湾人・韓国人等)や外資系企業、外国籍投資家などに向けてサービスを展開する。  なお、外資系企業・外国籍居住者が増加傾向にあるベトナム北部ハイフォン市にも、21~22年度内に新支店を設立する予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000060767