【不動産ニュース】不動産女性塾 リバブル榊会長が登壇|R.E.port
2019年11月29日 09時45分
no image
不動産業に携わる女性経営者や実務経験者を中心に組織する(一社)不動産女性塾(塾長:北澤商事(株)代表取締役会長・北澤艶子氏)は27日、相互館110タワー(東京都中央区)で、21回目となるセミナーを開催した。  冒頭、北澤塾長が「不動産女性塾を立ち上げて3年が経つ。このセミナーを通して多くのご縁を結ぶことができ、会員の皆さまにはさらに人脈を広げていただきたい。不動産業に携わる女性を男性が後押しし、業界を盛り立ててほしい」と挨拶。  セミナーでは、東急リバブル(株)取締役会長の榊 真二氏が「刺激的サラリーマン人生からの学び」をテーマに講演。「新人の頃の営業活動では、“忍耐”と“お客さま満足”を学んだ。思うように営業成績が伸びなくても、同じ毎日の繰り返しでも、自分なりに考え工夫すれば出口は見えてくる。お客さまに喜んでいただけたときの達成感はひとしおだった」と振り返った。また、消費税初導入の1989年に配属された消費税対応チームでは、「分からないことばかりだったが、消費税の仕組みを一から学べていい経験になった。未経験のことを経験する価値は大きい」と、経験談を披露。不動産業の将来については、「情報のフラット化が当たり前となり、ますますAI機能が進化していくだろう。そうした中、専門性を磨き、いかにしてお客さまに付加価値を提供していくかが問われる。日々考え、お客さまから評価いただける“マルチバリュークリエイター”を目指していただきたい」と話すなど、参加者へアドバイスを送った。 https://www.re-port.net/article/news/0000060775