【不動産ニュース】日本不動産研究所 引き続きの市況拡大見込み、投資意欲は旺盛|R.E.port
2019年11月29日 10時03分
no image
(一財)日本不動産研究所(JREI)は25日、41回目となる「不動産投資家調査」(2019年10月時点)の結果を公表した。アセット・マネージャーやアレンジャー、ディベロッパー、不動産事業者など197社にアンケートを送り、146社から回答を得た。  Aクラスビル(オフィスビル)の期待利回りは、「丸の内・大手町」地区が4期連続の横ばいとなり3.5%。「日本橋」(3.8%)、「虎ノ門」(3.8%)、「赤坂」(3.9%)、「六本木」(3.9%)、「港南」(4.0%)、「西新宿」(4.0%)も横ばいとなった。一方、「渋谷」(3.8%)、「池袋」(4.2%)はいずれも0.1ポイント低下した。  賃貸住宅1棟(ワンルームタイプ)の期待利回りは、東京の「城南」が4.2%で、調査開始以来最も低い水準を更新した。その他の地区では全体として横ばいと低下の傾向がみられた。  商業店舗は、東京の「銀座」が3.4%で横ばい。その他の地区では、「大阪」(4.5%)が0.1ポイント低下したが、全体としては横ばいが多くを占めた。  物流施設・倉庫と宿泊特化型ホテルは、すべての調査エリアで横ばいとなった。  今後1年間の不動産投資に対する考え方については、「新規投資を積極的に行なう」が95%(同1ポイント増)と、前回に引き続き積極的な姿勢が見られた。市況感については、大阪、東京いずれも「拡大期」との回答が多かった。 https://www.re-port.net/article/news/0000060778