【不動産ニュース】タス 2020年首都圏賃貸住宅市場の見通し ~賃貸住宅市場レポート  首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版 2019年11月~|by @Press
2019年11月29日 12時30分
no image
不動産評価Webサイト「TAS-MAP」 http://www.tas-japan.com を運営する株式会社タス(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:尾暮 敏範)は、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版 2019年11月」を発表しました。  「2020年首都圏賃貸住宅市場の見通し」および「2019年9月期の1都3県賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率、賃料指数)」および「2019年9月期の関西圏・中京圏・福岡県賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率、賃料指数)」を掲載しています。 詳細PDF:「賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版2019年11月」 https://go.tas-japan.com/l/592651/2019-11-20/2cps3m レポートの概要 (1) 2020年首都圏賃貸住宅市場の見通し  世帯数の増加数が過去1年と同程度、着工数が過去1年の80%程度と仮定すると、東京23区の需給ギャップは縮小傾向で推移すると考えられます。これに伴い東京23区の空室率TVIも2020年は改善基調で推移すると考えられます。  東京市部では賃貸住宅の淘汰が進んでいることから、2019年10月以降の市場からの退出数が2016年以前の水準まで縮小すると仮定すると、需給ギャップは2020年中旬まで縮小し、その後は横ばい傾向で推移すると考えられます。これに伴い東京市部の空室率TVIも2020年前半は改善、後半は横ばい傾向で推移すると考えられます。  神奈川県では、2017年~2019年にかけて、賃貸住宅の市場からの退出数が若干増加しましたが、東京市部ほどの淘汰は進んでいません。世帯数増加幅の拡大が継続していることが要因と考えられます。2020年の神奈川県の需給ギャップは、横ばい傾向で推移すると考えられます。これに伴い空室率TVIも2020年は横ばい傾向で推移すると考えられます。  埼玉県では、世帯数増加幅の拡大と着工数の減少により、需給ギャップは2017年中旬から縮小に転じており、これが空室率TVIの改善に寄与しています。2020年の埼玉県の需給ギャップは引き続き縮小傾向で推移すると考えられます。空室率TVIも、2020年は引き続き改善傾向で推移すると考えられます。  千葉県では、世帯数増加幅が伸び悩んでいることが需給ギャップ拡大の要因となっています。しかしながら、着工数の減少が継続していることから、千葉県の需給ギャップは2020年初旬以降縮小傾向に転ずると考えられます。これに伴い空室率TVIも2020年は改善傾向で推移すると考えられます。 (2) 2019年9月期1都3県賃貸住宅指標  賃料指数は、市場からの退出数(除却もしくはデットストック化)の多い東京市部と、募集期間が急激に悪化している千葉県で、前期比マイナスとなりました。 アパート系空室率TVIは神奈川県で前月比悪化、千葉県で前月比横ばい、その他の地域では前月比で改善しています。マンション系空室率TVIは埼玉県で前月比悪化、東京23区と神奈川県で前月比横ばい、その他の地域で是偃月日改善しました。 [東京都]            全域  23区  市部 空室率TVI(ポイント):12.93  12.80  13.87 募集期間(ヶ月)   :2.75  2.66  3.26 更新確率(%)    :39.18  39.20  38.04 中途解約確率(%)  :41.51  40.16  48.83 賃料指数      :106.16 107.70 98.80 [神奈川県] 空室率TVI(ポイント):16.53 募集期間(ヶ月)   :3.75 更新確率(%)    :36.45 中途解約確率(%)  :49.72 賃料指数      :100.44 [埼玉県] 空室率TVI(ポイント):16.11 募集期間(ヶ月)   :3.06 更新確率(%)    :45.16 中途解約確率(%)  :41.01 賃料指数      :103.33 [千葉県] 空室率TVI(ポイント):16.49 募集期間(ヶ月)   :3.72 更新確率(%)    :44.36 中途解約確率(%)  :43.15 賃料指数      :102.82 *賃料指数 2004年1Q=100 (出所)分析:株式会社タス (3) 2019年9月期 関西圏・中京圏・福岡県賃貸住宅指標  賃料指数は静岡県で前期比横ばい、その他と地域で前期比上昇しました。 大阪府のマンション系空室率TVIの悪化傾向が続いています。 [大阪府] 空室率TVI(ポイント):9.10 募集期間(ヶ月)   :5.20 更新確率(%)    :38.89 中途解約確率(%)  :49.02 賃料指数      :105.38 [京都府] 空室率TVI(ポイント):12.71 募集期間(ヶ月)   :5.23 更新確率(%)    :38.35 中途解約確率(%)  :49.57 賃料指数      :105.77 [兵庫県] 空室率TVI(ポイント):12.54 募集期間(ヶ月)   :6.24 更新確率(%)    :46.45 中途解約確率(%)  :40.82 賃料指数      :105.81 [愛知県] 空室率TVI(ポイント):14.72 募集期間(ヶ月)   :6.55 更新確率(%)    :40.73 中途解約確率(%)  :46.55 賃料指数      :103.99 [静岡県] 空室率TVI(ポイント):23.64 募集期間(ヶ月)   :9.56 更新確率(%)    :45.78 中途解約確率(%)  :40.33 賃料指数      :97.77 [福岡県] 空室率TVI(ポイント):10.14 募集期間(ヶ月)   :5.28 更新確率(%)    :47.42 中途解約確率(%)  :37.99 賃料指数      :109.58 *賃料指数 関西圏:2009年1Q=100 中京圏、福岡県:2010年4Q=100 (出所)分析:株式会社タス 詳細はPDFファイルをご参照ください。 詳細PDF:「賃貸住宅市場レポート 首都圏版・関西圏・中京圏・福岡県版2019年11月」 https://go.tas-japan.com/l/592651/2019-11-20/2cps3m リリース元:@Press https://www.atpress.ne.jp/news/199321