【不動産ニュース】三井不動産 豊洲駅前の大規模再開発、4月24日にまちびらき|R.E.port
2019年12月2日 09時32分
no image
 三井不動産(株)は、開発を推進している「(仮称)豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業2-1街区」の街区名を「豊洲ベイサイドクロス」に決定。2020年4月24日にグランドオープンする。  同事業は、東京メトロ有楽町線「豊洲」駅、ゆりかもめ「豊洲」駅前の約2万7,800平方メートルの敷地に、AC棟(16年12月着工)、B棟(18年1月着工)を開発。隣接する豊洲公園につながる「豊洲パークブリッジ」も建設する。  併せて街区の核となる複合施設AC棟の名称も「豊洲ベイサイドクロスタワー」に決定。同施設の敷地面積約1万9,100平方メートル、延床面積約18万4,800平方メートル、地上36階地下2階建て。豊洲公園に隣接する豊かな自然環境を生かして緑地面積は4,280平方メートルとした。  オフィスフロアの基準階面積は約3,300平方メートルで、専有部内の一部には屋外テラス、吹き抜け階段などを設置。ミニフィットネスやシャワールーム、ラウンジを備えたオフィスワーカー向け共用施設やICT技術を導入し、効率的で快適な働き方をサポートする。  地下1階~地上4階には「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」として全36店舗の商業店舗が出店する。33~36階は「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」(客室数225室、20年6月25日にオープン)が入居。  竣工は20年3月31日の予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000060794